机上の楽園で永遠に生きられますか


1度でいい事を、2度言わなけりゃあいけないってのは、そいつが頭が悪いって事だからです。
by unite69
カテゴリ
全体
ひとりごと
組織のこと
自分のこと
音楽と宗教
兄弟姉妹
脱・JW
ひとりごと
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
泣き言
もうかれこれ一年ちかく奉仕に出ておりませんので
みんな気づいて来たみたい
一人で夜奉仕してますじゃ無理アルよなぁ



ご意見苦情その他諸々はこちら
unite.bq@gmail.com
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

雰囲気に呑まれた

クリスマスのイベントに行くのはいつ振りだろう

人で賑わう都内某所 クリスマスのイルミネーションを見にいきました

b0154817_1134496.jpg














母がこの組織と学び始めて

ごく当たり前だった楽しみごとが忽然と消えた時の事を良く覚えています



誕生日 クリスマス 七夕 節分 などなどなど


本当に小さな子供の頃だったのに

物心がついたかどうかもわからない頃なのに

その時に感じた言いようの無い深い悲しい気持ちは

今でも思い出されます



小さな頃は仮面ライダーが大好きで

3歳のクリスマスプレゼントは仮面ライダーのソフビでした


父がおもちゃ屋をはしごして探し回って買ってくれたそれは

憧れのサイクロン号(バイク)にのっていて

小さな自分は、それはそれは喜んだのでした

家中風を切って走り回り喜ぶ姿を見て

父は何よりうれしかったんだろうなぁと思います



翌年母がJWとなり


理由も分からず今年からプレゼントが無い事

クリスマスを祝わない事

誕生日はもう無い事

みんながしている色々な行事をうちはしない事を言い聞かされ


反抗する事も無くその事を受け入れた小さな子供を見て

父は何を感じたのでしょう


愛する子供が一年間 大きな事故も無く病気も無く育った事を祝えない現実を

どうやって父は受け入れたのでしょう



親なら誰もが期待できる権利をどれだけ奪ってきてしまったのだろうかと

ふと 家族づれで賑わう、このきれいなイルミネーションを見ながら考えたのでした
[PR]

by unite69 | 2008-12-25 01:49 | 自分のこと
<< 新年のご挨拶 偽物と本物 >>