机上の楽園で永遠に生きられますか


1度でいい事を、2度言わなけりゃあいけないってのは、そいつが頭が悪いって事だからです。
by unite69
カテゴリ
全体
ひとりごと
組織のこと
自分のこと
音楽と宗教
兄弟姉妹
脱・JW
ひとりごと
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
泣き言
もうかれこれ一年ちかく奉仕に出ておりませんので
みんな気づいて来たみたい
一人で夜奉仕してますじゃ無理アルよなぁ



ご意見苦情その他諸々はこちら
unite.bq@gmail.com
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

おきにいり

以前の記事の中でもふれたラリーグラハム氏


さらっと流すくらいにし書かなかったのですが
本当にすごい方です。

ベーシストとして今の音楽に多大なる影響を与えた人物です。
ベースの教本には彼の奏法について必ず書かれていますし
氏の名曲”POW"はスラッピング奏法の練習曲としてもよく乗せられています。

スラッピング奏法(チョッパー)とは親指で低音の弦をたたき
人差し指や中指で高音弦などを引っ張り上げるような演奏方法です。
独特のリズムと打楽器のような力強い音圧をうみだします。

いまでこそ多くの音楽ジャンルに見られますが当時は斬新でファンキーな
この演奏方法が度肝を抜いたようです。

そのころ入っていたバンド(スライ&ザ・ファミリー・ストーン)を脱退し
1973年に新たに作ったバンドがこのグラハムセントラルステーションです。

ちなみに氏が妻(母がエホバの証人)に出会ったのもこの頃で
この後、妻を通して知り 真理の本によって研究をうけたようです。

ちなみに氏は1975年にバプテスマを受けました。

ということは1978年に出した氏の名盤「いかしたファンキー・ラジオ」は
献身した後に作られた作品というわけなんですが


下のリンクを見てください。

グラハム兄弟

すごいです

髪型・・・

この頭で集会とか奉仕言ってたんならすごいよ。



エホバの証人です↓
b0154817_11585298.jpg

この後も活動を続けながら開拓奉仕と長老と続けて喜びをえています・・・的な経験が
雑誌には載っていましたね。



本国では芸能活動とかしながらJWというのは普通にされているんですかね。
ライブとかツアーとか練習とか難しいだろうなぁ。

日本なんか日曜日に試合が入るかもしれないという理由だけで
部活動禁止でしたもんね。
その他習い事や趣味等々霊的活動?に支障が出るものはみんな禁止でした。

多くの才能の芽がつぶれてきたと思うと残念でなりません。



ちょっと話が脱線するのですが


自分の進路や夢とJWとしての活動がせめぎ合う事、若い頃はよくありますよね。

苦しみはよく分かります。
わたくしも色々としたいことや進路など諦めてきました。
でもやはり最後に後悔するのは自分なんです。
そして責任を取る(気持ちに納得をつける)のも自分です。

いまもし苦しんでいる人がいるなら

心のままに生きていってほしいと思います。
神が何を喜ばれるかを決めるのは会衆や統治体ではありませんよね。

心に神をもって生きている事が大切な気がします。
[PR]

by unite69 | 2008-08-20 00:46 | 音楽と宗教
<< 大会おつかれさまでした 書籍研究 >>