机上の楽園で永遠に生きられますか


1度でいい事を、2度言わなけりゃあいけないってのは、そいつが頭が悪いって事だからです。
by unite69
カテゴリ
全体
ひとりごと
組織のこと
自分のこと
音楽と宗教
兄弟姉妹
脱・JW
ひとりごと
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
泣き言
もうかれこれ一年ちかく奉仕に出ておりませんので
みんな気づいて来たみたい
一人で夜奉仕してますじゃ無理アルよなぁ



ご意見苦情その他諸々はこちら
unite.bq@gmail.com
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

人並みの

毎年お盆の時期に大会が重なってしまい
まともな夏休みなどここ数年経験してなかったのですが
今年は仕事の調整も付き実家に帰ってきました。

JWやってると普段仕事を調整する事が多いため
必然的に他の人が休む時には仕事になっちゃうんですよね。

だから今年は思いっきり人並みの夏休みを楽しみました。
朝から特に何もするわけでなく、本を読んだり景色眺めたり
大して興味ないオリンピックの競技でもじっくり見たり
ゆっくりと時間が流れているのを感じながら休んできました。

まだ脱JWしてはいないんだけど、心の中の枷は取れているので
今までだったら抵抗があったことも普通に出来たりしてます。
なんとなく勢いで父親と乾杯とかして
妙に照れくさそうに
「なんだ いいのか?」とか言ってて・・・


両親は母だけ熱心JW姉妹で父は未信者です。
未信者といっても家族をなにより一番に考えるような協力的な傍観者だったため
大きな反対もせず今まで好きなように人生を送らせてもらってきました。

本来だったら自分の子供にさせてあげたかったことや
一緒にしたかったことなどたくさんたくさんあったと思います。
休日や休みも母に連れ回されて集会、奉仕・・・
父親としての楽しみをいっぱい奪ってきたはずなのに。
私の生き方について不満や怒りを表す事など一度もありませんでした。

以前わたしが開拓と移動という進路を決めた時
「自分の思うように行きなさい。後悔しないよう全力でやりなさい」
と話されました。
でも母には
「本当は一緒に同じ仕事ついて会社を興したかった・・・」
とポツリもらしたそうです。

自分が家庭を持って初めて父親の偉大さを実感しました。
脱JWをしたら今までの分十分に親孝行して
人並みの経験とかさせてあげたいと思います。



でもそれには狂信的な母の解約が先なんですけどね。
これは無理かもなぁ・・・。
[PR]

by unite69 | 2008-08-24 23:40 | 自分のこと
<< 偉い人にはわからんのです 大会おつかれさまでした >>