机上の楽園で永遠に生きられますか


1度でいい事を、2度言わなけりゃあいけないってのは、そいつが頭が悪いって事だからです。
by unite69
カテゴリ
全体
ひとりごと
組織のこと
自分のこと
音楽と宗教
兄弟姉妹
脱・JW
ひとりごと
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
泣き言
もうかれこれ一年ちかく奉仕に出ておりませんので
みんな気づいて来たみたい
一人で夜奉仕してますじゃ無理アルよなぁ



ご意見苦情その他諸々はこちら
unite.bq@gmail.com
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

reject

以前、知り合いの方が排斥になられました

どうやら時同じくしてもう一方異性が排斥食らっておりましたので
まぁそういうことかと・・・と納得してしまったのですが

ふとまぁ考えたんです


その方を割とよく知っていたわけですが、排斥の発表聞いた時に
「あ、やっぱりやっちゃったか」って思ったんです

その時は理由知らなかったのに
「でも、アイツなら・・・」みたいな嫌ぁな感情で


私の周りの方々もそんな感じの感想でした
人脈も友達も多く、評判の良い雰囲気の方でしたが
意外に悪い評判を口にする方が多くいました



JW界の中での友人というのは

「こいつはとりあえずエホバの証人だし、証人でいる限り
とんでもない仕打ちや裏切りは無いだろう」

という薄っぺらな信頼の上に成り立っているギリギリの友情で

エホバの証人である、という事が崩れてしまうと


友情が裏切られた
信頼していたのに

と、切り捨ててしまうのではないかと思います

もし本当にその人と強い友情があるのなら、はじめに書いたような
「やっぱりやると思った」とか悪い評判を蒸し返して
死人に鞭打つような真似はしないと思います

そして

排斥=どんな事情があろうとも悪 
事情も知らないのに「悔い改めもしない悪人」と決め付けてしまい蓋をする

この理不尽な取り決めとそれを強制する組織体制が
たとえ友人だったとしても切り捨ててしまう、無感情の信者を量産しているような気がします


自分もそうやって相手を見ていたのではないかと思い反省いたしました


今、昔組織を出て行った友人たちと連絡を取る準備をしています
もしまた話す事ができたら、もう一度友達として話をしたいなぁと思ってます
[PR]

by unite69 | 2008-09-22 23:32 | ひとりごと
<< 災いだ! 幸せな方々 >>