机上の楽園で永遠に生きられますか


1度でいい事を、2度言わなけりゃあいけないってのは、そいつが頭が悪いって事だからです。
by unite69
カテゴリ
全体
ひとりごと
組織のこと
自分のこと
音楽と宗教
兄弟姉妹
脱・JW
ひとりごと
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
泣き言
もうかれこれ一年ちかく奉仕に出ておりませんので
みんな気づいて来たみたい
一人で夜奉仕してますじゃ無理アルよなぁ



ご意見苦情その他諸々はこちら
unite.bq@gmail.com
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

聖書

いつまでたっても来ないので

何回も注文を出していたら先日届きました

三冊も・・・


「王国行間逐語訳」

b0154817_20172918.jpg













知り合いのところでは、注文後早々に届いていたのに

うちはなんという遅さ


もう絶版図書だといわれてたから、諦めていました

これで更にお勉強します

組織が出版している本で組織の最大の矛盾を指摘できる

便利な解約必携品です


残りは観賞用と布教用かな(オタクみたい)




ところで

自分にとっての聖書というものは

マイコン融解前は信仰の中心的存在で

その文字一言一句一辺に至るまで

意味があり、そこに重きを置いているJWというものは

他キリスト教には無い魅力というか

「自分たちは正統派だ」という

選民意識が強くあったと思います


実際ものみの塔の出版物には、自分たちがいかに優れているかを証明するにあたり

何度も聖書の正確な翻訳をしてきた事を引き合いに出します

他の聖書は如何に改ざんされているか、声を大にして言います


でも実際には都合のいいように改ざんしているのはこっちでした



マイコンが解けた今となって

聖書は字義一つ一つにとらわれすぎていては

本質にたどりつかないように思います


JW流聖書解釈というのは、象徴的に受けてめる部分もあれば

言語の意味までさかのぼって当てはめたりする部分もあって


その適用や意味解釈

どこまで正直に当てはめるのかの線引きは

聖書や言語に精通しているわけではない

ただのおっさん方が決めているわけです


その場その場の帳尻あわせ(別名 新しい光)で

解釈や理解を変え信者を振り回すんです

これがちまちましたルールなら適当でも構いませんよ

でもね

命がかかわる部分 たとえば輸血のようなものなら

教理として打ち出す前に徹底して調査すべきです


だから

協会の独自の考え方に振り回されるのは

本当にもったいない

と結論づいたので

手始めに

医療に関する継続的委任状 通称輸血拒否カードを

ぐっちょぐっちょにして

ポイしました


輸血は個人的理由で拒否します

なんかよく分からんけど、組織がそう言ってるからしません

じゃなくって

自分がそうしたくないからしません
[PR]

by unite69 | 2008-10-20 20:55 | 自分のこと
<< 聖書・・・続き 「まさに公正のための君たち」 >>