机上の楽園で永遠に生きられますか


1度でいい事を、2度言わなけりゃあいけないってのは、そいつが頭が悪いって事だからです。
by unite69
カテゴリ
全体
ひとりごと
組織のこと
自分のこと
音楽と宗教
兄弟姉妹
脱・JW
ひとりごと
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
泣き言
もうかれこれ一年ちかく奉仕に出ておりませんので
みんな気づいて来たみたい
一人で夜奉仕してますじゃ無理アルよなぁ



ご意見苦情その他諸々はこちら
unite.bq@gmail.com
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

聖書・・・続き

なんか重箱の隅をつついてる

とか

あげ足取りだ

とか

昔の事は仕方ないのよ

とか言われそうです

でも見つけちゃったので上げさせてください



塔76 8/15 490ページ
キリストを宣べ伝える―そねみによるか,それとも善意によるか

   神とキリストを一つの方法で説明しておきながら,その後聖書の主要な教えや
   基本的な教理に関する自分たちの理解が誤っていたことに気付き,
   長年にわたる研究の末,誤っていると確信していたはずの教理に戻るとすれば,
   それは重大な問題です。クリスチャンはそのような基本的な教えに関して
   心の定まらない,“優柔不断”な状態にあってはなりません。
   そのような人の誠実さや判断にどれほどの信頼を置けるでしょうか。


記事の前後を読んでみると

これはJWの言う背教者たちに対して非難する内容で

間違った教理を教えながら繰り返し立場を変え

人々を惑わすとしたら 

それはもう立派な


背教だそうです






ふぅ


ついでに続きには

今日のエホバの証人,およびエホバの証人と勉強している人々は,次の点を考慮できます。

とあります



はい 自問してみましょう


問1 わたしが信じるようになった事柄を自分に確信させる説得力となったものは何だろうか。それは人間の滑らかで巧妙な話しぶりだろうか。



A 間違った翻訳と理解に基づく出版物です
  実に滑らかで巧妙に改ざんされていて気づきませんでした




問2 自分は何らかの仕方で強制されたり,圧制の下に置かれたりしただろうか。




A 小さな頃からほぼ強制的に刷り込まれていました
逆らってはいけないことだと教え込まれ鞭打たれてきました



問3 わたしを教えるにあたって,自分たちの“知恵”に基づいてどうすべきかを告げただろうか。それとも聖書に導きを求めただろうか。



A いうまでもありません・・・
  






昔の出版物は突っ込みどころの宝庫です

ライブラリーとかの検索では引っかからないようになってますので

製本をお持ちの方は

暇で暇でしょうがない時に是非よんでみてください




注意)  非常にむなしくなります
[PR]

by unite69 | 2008-10-21 22:42 | 組織のこと
<< 止まない雨 明けない夜 聖書 >>