机上の楽園で永遠に生きられますか


1度でいい事を、2度言わなけりゃあいけないってのは、そいつが頭が悪いって事だからです。
by unite69
カテゴリ
全体
ひとりごと
組織のこと
自分のこと
音楽と宗教
兄弟姉妹
脱・JW
ひとりごと
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
泣き言
もうかれこれ一年ちかく奉仕に出ておりませんので
みんな気づいて来たみたい
一人で夜奉仕してますじゃ無理アルよなぁ



ご意見苦情その他諸々はこちら
unite.bq@gmail.com
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

止まない雨 明けない夜

組織にいて色々な事があって立場を下ろされて

何が辛かったかというと

会衆や巡回区の友人たちの態度の急変でした



見る見るうちに力を失って、自尊心も失ったけれど

周りの人間関係も友だちもみんな崩れていく用に感じる事が辛く

相当落ちました


んで

初めてそこで気づきました


自分の周りには

「霊的に頑張っているか、弱っているか」

で人を判断する人ばかりだったんだと・・・



でも

いろんなことから自由になって振り返ってみると

類は友を呼ぶ

という言葉に集約されるように

自分もまたそうやって人を見て、そうやって付き合ってきたんだという事実


今までのフレンドリーな関係から打って変わって

腫れ物に触るかのような元友人たちの態度

飛び交う噂話

(なんかunite君 僕も開拓も下ろされたんだって)
(やっぱりやらかしちゃったのかなww)

聞こえては来ないけれど、そう思っていることは明白






そんななかでも

削除前も後も全く変わらない態度で接してくれたのは

普段から会衆でも目立たず慎ましく奉仕している主婦の方たちでした




自分が特権に就いていたときに、自分はこの人達に気遣いを示してきただろうか

本当にイエスのような愛情を示していたのは

誰だろうか・・・



いつでも変わらない原則にもとづいた愛

自分に不利であっても見返りが無くても気づかれなくても

表し続ける愛


演壇からえらそうに愛を説いていた自分なんかよりも

よっぽどクリスチャンだと思いました



組織の中には腐ったような人もたくさんいるけど

尊敬できる人もたくさんいます

いづれここを出るその日まで

自分の手の届く人達には無償の愛を示せる

そんな人になりたいです
[PR]

by unite69 | 2008-10-23 23:18 | 自分のこと
<< 軸がぶれている 聖書・・・続き >>