机上の楽園で永遠に生きられますか


1度でいい事を、2度言わなけりゃあいけないってのは、そいつが頭が悪いって事だからです。
by unite69
カテゴリ
全体
ひとりごと
組織のこと
自分のこと
音楽と宗教
兄弟姉妹
脱・JW
ひとりごと
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
泣き言
もうかれこれ一年ちかく奉仕に出ておりませんので
みんな気づいて来たみたい
一人で夜奉仕してますじゃ無理アルよなぁ



ご意見苦情その他諸々はこちら
unite.bq@gmail.com
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

若い人は尋ねる。ロックコンサートに行くべきだろうか・・・

THE WHO が来日しますね。




THE WHOは1960年代のイギリス発祥のロックバンドです

ちょうどビートルズやストーンズと同時期のバンドで
本国イギリスでは確たる地位を築いていますが、日本での知名度は
それほど・・・な感じかもしれませんね

私は運良く見に行くことができるのでとても楽しみにしております



昔から音楽は大好きで、THE WHO をはじめとして
BEATLESなどのロックや
SEXPISTOLS、THE CLASH、Sham69などのパンクロックが大好きだったのですが



開拓者などの立場もあり、あまりロック好きを公言できずにいました

だからあまりライブにも見にゆけなかった記憶があります



出版物などでは時に悪魔の所業のように扱われるロックミュージック(協会風)ですが

攻撃性や激しい音や皮肉の裏側にある、高い精神性は

クリスチャンに通ずるのではないか?と勝手に思っていました

高い精神性と言ってもそれぞれですから、ひとくくりには出来ませんが


ものみの塔のように数多のジャンルのバンドやグループを

「ロック」

という言葉でまとめてしまうのは

いささか乱暴ではないかとは思いますね



そういういわゆる「ロック」はJW内では忌み嫌われる一方で

多くが恋愛をテーマにしたJ-POPはそこまで嫌われないですよね


前の会衆の長老はラルクアンシエルが大好きでしたし
(J-POPかどうかは意見が別れるとは思いますが、)

奉仕の僕の兄弟はカラオケで

平井堅の「ストロベリーセックス」(なかなかエロい歌)を熱唱していました



でもガンズアンドローゼスやニルバーナなどを聞いていると、

「そういったロックはどうかなあ・・・」

みたいな反応をされたものです


一度出版物で実名を挙げられたため、JW界では有名になってしまったようですね





それくらい「ロックミュージック」という言葉に敏感に反応してしまうJWが多いので
はないでしょうか



以前音楽雑誌で矢沢永吉氏が



 「俺たちがロックンロールバンド?つまりCAROL?を始めた頃は
 ロックンロールに市民権なんかなかったわけよ?
 つまりYAZAWAもギラギラしてたわけよ?(YAZAWA風)」



と言ってましたが、まさにJW界ではロックは市民権を得ていないわけです

なぜものみの塔がそこまでロックが避けるべきものとして扱っているのか

以前の記事 

目9512/22「若い人は尋ねる。ロックコンサートに行くべきだろうか。」

を調べてみました





デンマークに住むあるクリスチャンは,ロックの一種であるヘビーメタルのファン
だったころのことを思い起こし,こう言っています。「仕事をしながらそれを聞いて
いました。そして間違いをしようものなら,すごく腹が立ち,かっとなって仕事をし
ていたものをぐちゃぐちゃにして投げ捨てていました」。別の若者は,「僕は,セッ
クスや世の生き方を称賛しているラップやヘビーメタルをよく聞いていたんです。こ
んな音楽で自分の思いを養ったので,彼らが歌っている事柄を渇望するようになって
しまいました」と認めています。それで,録音からでさえ,こうした影響を受けるの
ですから,それがライブ演奏ならどれほどの力があるか考えてみてください。





こんな奴いるのかなあ・・・仕事をぐちゃぐちゃにしてしまうなんて、

ロックのせいなのでしょかね コレ



まあ一部のファンは暴徒化するかもしれませんが

どんな音楽や思想には過激派はいるものです

こうした可能性を危惧するならスポーツの試合なんて観れないですよね。 

あ、協会はスポーツ観戦も否定してるか。

お相撲なんてすごいですよ、座布団が飛び交うんですから。完全に暴徒化してますよ。



話がそれました

続く部分ではこうあります



「聖書も道理にかなったボリュームの音楽を認めていないわけではありません

ソロモンの神殿の奉献式では,ラッパを吹き鳴らす者だけで120人もいたのです。(歴代第二 5:12)

それはかなりの大音響だったに違いありません。」



なんでこの聖句もってきたんだろか。120人のラッパって道理にかなった音量じゃ
ないだろ・・・

音の大きさは問題ではないと言いたいのでしょうか







極めつけはこの一文







「自分の体に対する配慮の気持ちがあれば,聴覚を傷める恐れがあることを考えて,
余りにも大きな音で音楽を聞くことはしないでしょう。」













耳に悪いからかよ!!!







まあつまり、クリスチャンはロックコンサートには行くべきではない、ということです。





・・・THE WHOのコンサート、楽しんできます。
[PR]

by unite69 | 2008-11-09 14:37 | 自分のこと
<< 悶々と・・・ 大会の実演 >>