机上の楽園で永遠に生きられますか


1度でいい事を、2度言わなけりゃあいけないってのは、そいつが頭が悪いって事だからです。
by unite69
カテゴリ
全体
ひとりごと
組織のこと
自分のこと
音楽と宗教
兄弟姉妹
脱・JW
ひとりごと
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
泣き言
もうかれこれ一年ちかく奉仕に出ておりませんので
みんな気づいて来たみたい
一人で夜奉仕してますじゃ無理アルよなぁ



ご意見苦情その他諸々はこちら
unite.bq@gmail.com
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

無学で普通の人

最近は特に教会のホームページや

牧師さんがやっているブログなどを閲覧しています

自分があまりにもキリスト教という宗教そのものに対する知識に欠けていたと

痛感させられる事があったもので・・・




どちらかといえば昔から右脳人間 直感を優先する情緒的な人間だったので

論理や理屈ではなく

「あぁ神はいるんだ」とか「神はいたらよいだろうな」

という感覚でJWをやっていました

これこれこういう理由で神を信じたとか

ここの聖書の解釈に魅力を感じたとかいう立派な理由などありませんでした



だからネットで事実を知って新たに調べなおす過程で

組織の隠してきた教理の変更や矛盾点などでも

初めて見るものも多かったのです


1914年の年代計算の事実や

1975年の騒動など


でも自分にとって、それはどうでもよいことでした

神を信じている気持ちがあればいいじゃん

そこに安らぎがあるなら多少の矛盾もいいんじゃない?的な発想でした

いまでも根っこの部分ではそう思っている部分もあります

自分なりに信仰の定義を考えるとそれでいいと思います



でもどうしても許せないのは

そうした感情的に信仰を培っている人に対して

まちがった教理や組織的なルールを課し

家族を崩壊させ、病気の人を量産し、傷つけてきた事です


「組織の説明はなんとなく矛盾に感じるけど聖書は絶対だから」
「神が導いてくださっているのだから」

という大儀を振りかざして

実際には組織の存続の為に信者の生活を振り回したり

審理委員会といった不公平極まりない取り決めで

心に消えない傷を残していくのは

どうしても許せない




世界中には数多くの宗教が存在していて

キリスト教以外にもイスラム教(イスラーム)ヒンドゥー教、仏教
儒教・道教その他・・・

それに加え、特定の地域や民族にある民族宗教が数え切れないほどあって

主だった世界宗教にも分派が数多く存在するのだから

それはもう、膨大な数に上ります

だから
宗教と一言では片付けられないのですが

基本的な目的においては一つだと思います


宗教の英語 Religion は、ラテン語のreligioから派生したもので

religioは、「再び」という意味reと「結びつける」という意味のligareの組み合わせで

「再び結びつける」という意味で

そこから、「神と人を再び結びつけること」といいかえることも出来ます

だから

宗教とは姿かたちは違えど

神と人とを結びつけるものであるべきで

崇敬する対象が違ったとしても

神をあがめ近づいて実感している

と感じさせるのであれば、

目的の沿っているといえるのではないかと思います

それが正しいかどうかは別にして



JWもはじめは宗教として目的に沿っていたと思います

でも

今は神と人とを引き離しているようにしか思えません

もちろん良い部分もあります

でも基本的な目的の部分を逸脱しているとしたら

それはもう

別のものです




今はこの組織にいる間

神から引き離されてしまっているように感じている人を

「そんなことないんだよ」と言ってあげたいのだけど

人に何かを説明する為には

ある程度知識も必要なわけで

上手に説明できず、落ち込む事が多いわけで・・・



いま改めてキリスト教をふくめ聖書を学び直したいと思って

勉強中です


しかし教会の説教をネットで見れるなんて良い時代になったものです
[PR]

by unite69 | 2008-11-15 02:08 | 自分のこと
<< いくつになっても 悶々と・・・ >>