机上の楽園で永遠に生きられますか


1度でいい事を、2度言わなけりゃあいけないってのは、そいつが頭が悪いって事だからです。
by unite69
カテゴリ
全体
ひとりごと
組織のこと
自分のこと
音楽と宗教
兄弟姉妹
脱・JW
ひとりごと
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
泣き言
もうかれこれ一年ちかく奉仕に出ておりませんので
みんな気づいて来たみたい
一人で夜奉仕してますじゃ無理アルよなぁ



ご意見苦情その他諸々はこちら
unite.bq@gmail.com
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

今週の神権学校の予定

7月21日  聖書通読: 使徒 22‐25章                            

話の特質: どんなときに譲歩するか(校 252ページ4節–253ページ2節)

第1: 奉仕会や他の話を準備する(校 49ページ2節–51ページ1節)

第2: 使徒 22:1‐16

第3: エホバの証人はヨハネ 13章34,35節にどのようにして従っていますか

第4: どうすれば偽預言者を見分けることができるか(論348‐9ページ6節)


!!!

どうすれば偽預言者を見分けることができるか

何とまぁ興味深い

どうせ訳の分からないなんの焼くのも立たない割り当てが
全国各地で行われるんでしょうなぁ。

論じるの本は何も論じたりはしてくれないのですが聖書はこういってます。

(申命記 18:20‐22)
20 「『しかし,話すようにとわたしが命じたのではない言葉をあえてわたしの名において話し,あるいは他の神々の名において話す預言者,その預言者は死ななければならない。21 そして,あなたが心の中で,「エホバが話されたのではない言葉をどのようにして知るのか」と言う場合であるが,22 もし預言者がエホバの名において話しても,その言葉が実現せず,そのとおりにならなければ,それはエホバが話されなかった言葉である。その預言者はせん越にそれを話したのである。あなたはその者に恐れ驚いてはならない』。


この成句読むだけで十分ですよね。
[PR]

# by unite69 | 2008-07-23 23:50 | 組織のこと

目覚めた!

そう

目覚めてしまっているのです。

この組織は間違っている事に。


ネットの普及は素晴らしいですね。
いままで悪魔の道具とまで言われて避けていたネットの世界ですが
真実に気づかせないための組織サイドの情報統制だったとは・・・


もちろんネットに書かれていることの全てが真実とは思いませんし
真偽の不確かなものも多くあります。

ただ、ものみの塔という組織が客観的に見て正しいのか正しくないのか
見極めるのに、組織の中の情報だけで判断するのははっきり言って不可能でしょう。

見極めるというのは、双方の意見や主張を比べることです。
その片方を一方的に決め付けてしまっては判断のしようがありません。
お隣の国の異常なまでの情報統制のようです。

規制が解けて外国に出て行って自分たちの国があまりにも
異質だった事に気づいた・・・いままさにそんな気分です。



もしほんの少し 組織に疑問を持っている人がいるなら
怖れることなく自分が心から納得できるように調べてほしいと心から思います。



むかし会衆にPC関係にとても精通している兄弟がいまして
私の家族ともとても仲良くしていたのですが
ある日突然断絶して家族ごといなくなってしまいました。

当時は
「パソコンなんていじくっているから背教者にやられたのね」
なんて噂が舞っていましたが
今思えば誰よりも真実を求めていた兄弟だったと思います。

いま何しているのかな。

求め続ければきっと与えられるんです。きっと。
[PR]

# by unite69 | 2008-07-23 23:43 | 自分のこと

音楽は無害ですか?

先日、JW友人の車に乗った時ダッシュボードのトレイに
きちんと収納されているCDに目が行った。

その友人はとてもとても此の世の音楽など聴きそうも無く
いつ車に乗ってもFM国営放送ニュースしかかかってない
JW模範超人なのだが、その彼がCDを持っていた。


興味がわかないわけがない。
恐る恐るみると出てきたのは

矢野顕子
グラハム・セントラルステーション

いわずと知れた現JW音楽家の作品である。
ちなみにラリーグラハム氏に関しては目89 2/22記載
スラップ奏法の神様といわれる名ベーシストです。

あぁやっぱりね

うれしそうに彼が話す矢野姉妹とグラハム兄弟に関する
豆知識を聞きながらと同時になんとも複雑な気分になった。


兄弟・・・雑誌の経験で読んで買ったんでしょうけど
それ
ファンクですから!!!


ファンク(funk)出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
音楽のジャンルのひとつであり、その中でも黒人起源のブラック・ミュージックのジャンルに属す。歌詞には品性が無く、曲中にも情けない奇声が錯綜する泥臭くて垢抜けない作品が多い。


ジェームスブラウン然りファンクの起こりというのは
1960年代黒人の人種差別の真っ只中、公民権運動やらベトナム戦争やら
世間が揺れまくっている時代の濃ゆい時代の魂の叫びであって

エホバの証人の大嫌いなメッセージ性やら反体制への叫び
などで満ちていたりするわけです。(全部が全部というわけではないようですけど)

まぁグラハム氏の時代はだいぶそんな事も薄れディスコブームにのって
ロック要素が強くなってきていたようで、わたくし自身は彼の音楽は大好きであります。
もちろん初期ファンクも。


しかし純粋に嬉々として雑誌に載っていた経験を話す兄弟を見ていたら
なんだかほほえましくなって
起源うんぬんについて話すのも馬鹿らしくなりファンクのグルーブに身を委ね
そのまま楽しく奉仕をしてきました。起源とか知ったら捨てるのかなぁ。


そういえばグラハム兄弟は現在も音楽活動を続けており
去年あたりには日本の歌手?にも楽曲提供したり
プリンス氏とライブツアーしたり大忙しのようですね。

昔、音楽の選び方について
長老から助言された記憶が甦り久々に探してみたら出てきました。


*** 目93 2/22 27ページ 音楽から悪影響を受けることがあるのだろうか ***

現在の音楽のほとんどは,あなたの思いを邪悪な考えで満たすよう念入りにつくられています。確かに,聖書の規準に従って育てられてきた人であれば,歌の中で殺人や性の不道徳について聴いたからといって,それをしようと思うようなことはないでしょう。しかし別の面で,あなたは悪い影響を受けてしまうかもしれません。


JW流につっこむなら全ての音楽は
起源が怪しいからアウトなんでしょ

でも一流になって活動している人は経験が載ったり、なんか甘いような。

自分の友達にも音楽の才能がありながら、模範的な生活を
送るために泣く泣くその道を諦めた方もいます。
JW若者の中には将来の大物ミュージシャンもいたかも分からんのになぁ。
それを言ったら、スポーツでもそうか・・・。

なんかネガティブになってしまったけど、最近はまだ若いんだから
色々やってみようかな・・・などと思っています。

そういう経験や集団の中でしか学べないものもたくさんありますしね。
[PR]

# by unite69 | 2008-07-14 00:04 | 音楽と宗教

振り返れば

人生のほぼ9割近くをJWに費やしてきて
振り返るともうすぐ30代・・・
よく20代をどうすごすかで30代が決まるなんて事を
成人式の時に聞いたりしたもんだけど20代をどんな風に過ごしてきたんだろう。



宗教組織に所属して無銭労働に従事し
趣味も無く、ひたすら奉仕奉仕・・・

なんて書き方するとまじめにしか見えないが
自分で言うのもなんだが結構まじめな部類だったわけで。

当時はそれはもう血気盛んな純粋青年。

この道に命かけます!!との思いの元に
ひたすら宣教に打ち込みましたよ。
巡回区のサッカー?バレーボール??
チャンチャラおかしぜ。横のつながりなんぞ糞食らえ!
(ってか運動神経ないだけなんですが・・・)

必要の大きな会衆?いきましょう!ここにわたしが・・・
(ってか目立ちたいだけなんですが・・・)



とまぁ邁進してきましたよ。
でもふと気づいたんです。


「あ・・・



自分、この組織とったらなんもねぇや・・・」って


でも気にしてなんか入られません。
将来への不安なんか持ってたら、信仰の欠如!サタンに隙を与えるのよ
気にしない気にしない



でもね
所詮底の浅い信仰しかありませんですよ。
すっかすかの土台ですから、あっという間に崩れるんですね。
会衆のトラブルに巻き込まれてやる気を失い責任を取る形で特権返上。
自分にも責任はあった訳ですからね。しょうがないといえばしょうがない。


しかし致命的にやる気を削いだのは協会からの手紙。

「特権は削除です。あとこの兄弟はうそをついている可能性があるので
モット詳しく調べなさい」

要約するとこんな感じ。

そっか 所詮この組織は末端信者を信用してないんですな。

とまぁこんな感じでとどめを刺されたわけです。

その後吹っ切れた勢いで電脳世界へ一直線。
めでたくマイコンから解けてしまいました。

本当ならばすぐにでもやめたいのですが
そこはもう色々な事情が重なりなかなか動けない状況。


そんなこんなで20代がごっそり抜け落ちていたかのように何も残っていません。
いったいどんな30代が・・・と不安になってしまう毎日。



でも没頭していた時よりも神を身近に感じるようにはなりました。
見方がグーっと広がったというか。
そこら辺のことはまたおいおい書いていこうかな。
[PR]

# by unite69 | 2008-07-09 23:39 | 自分のこと

ちょっとまぁ

自分の事を書き出してみたりしようと思う。

まぁたいした経験も無く面白みも無く
つかず離れず熱くも冷たくも無いどこぞの会衆みたいな人生だったから
別に書いてもアレなんだけどね。

でもどこかのブログでかかれていたが
こうやって個人の経験を書き記す事が、組織に疑問を持っている人や
離れたいと感じている人を後押しするかもしれない・・・らしい。

確かに自分もここまでの心境に至るまでにたくさんのブログや
ネットの情報に後押しされてきた。

たいした方向性も目的も無くはじめたブログだが
まかり間違って誰かの目の端っこにでも止まってほんの少し
何かの役に立てれば、経験した何かも無駄ではなかったのではないか
と感じれる気がしているわけで。



あんま長い文は苦手だから
次回に続く
[PR]

# by unite69 | 2008-07-07 00:03 | 自分のこと